妊活におすすめの食事を徹底解説!話題のサプリメントマカナなど

妊活におすすめの食事やサプリについて解説しています。女性ホルモンを増やす食品や葉酸、野菜、ランチ、豆乳、ビタミン、マカナなど

妊活時は卵胞期の食事も気をつけよう

time 2017/12/16

妊活時は卵胞期の食事も気をつけよう

・生理周期と卵胞期について

妊活中は生理周期にすごく気を配ることになります。生理周期が安定していないと排卵日も予測することができませんし、排卵日に合わせて性行為を行なうなどの対策も行えなくなってしまいます。

生理周期は月経、卵胞期、排卵期、黄体期と4つに分類することができます。月経期や黄体期は体調の変化が起こりやすいですし、排卵期は受精卵が着床するかどうかの大切な時期なので、体調に一層気を配っている人も多いと思いますが、卵胞期はどちらかというと軽視されがちではないでしょうか。

卵胞期とは、生理がきてから排卵が行われるまでの間の期間(8日間から15日間くらい)で卵子の元である卵胞が発育していく時期であることから卵胞期と呼ばれています。

卵胞期は子宮内膜を厚くして受精卵が着床しやすくするなど、妊娠するための準備を行なう非常に大切な時期になります。

卵胞期は生理を終えると比較的体調が良くなる時期なので、つい無理をしてしまいがちだという人もいると思います。しかし、先ほど説明したように卵胞期はすごく大切な時期なので決して無理をしないで規則正しい生活を送って体調を整えるべきです。

 

・卵胞期の生活や食事について

卵胞期の過ごし方で特に注意していくべきなのが、睡眠と冷え対策、そして食事です。

睡眠不足や質の悪い睡眠が続くとホルモンバランスが乱れてしまい、生理周期の乱れにもつながってしまう可能性があります。

忙しくて睡眠時間が短くなっている人もいると思いますが、できるだけ睡眠時間を確保するようにしましょう。また、睡眠の質を上げるために寝る前はパソコンやスマホを見たりするのをやめたり、寝具グッズにこだわってみたりするのも良いと思います。

冷え対策は暖かい格好をしたり、部屋の温度管理などをするだけではなく、軽目の運動やストレッチを行なって血行をよくするなど、身体の中から温めることも大切です。

また、卵胞期の食事にも気を配っていくべきです。栄養バランスの摂れた食事を摂り続けていくことで、ホルモンバランスが整って妊娠力が上げていくことができます。

ダイエットをしたり、忙しくて食事を抜いたりしてしまっているという人もいるかもしれませんが、妊活中はしっかりと栄養を摂っていく必要がありますし、卵胞期も食事を規則正しく食べていきましょう。

特に大豆イソフラボンやビタミンEなどは卵胞期にしっかりと摂っておくべき栄養素なので、そういった栄養素を多く含んだ食材を積極的に食べていくことをおすすめします。

 

食事だけで妊活に必要な葉酸はとれる?

 

 

妊活中 時間 食事

妊活中 食事 ビタミン

妊活時 卵胞期 食事

妊活時 食事 パン