妊活におすすめの食事を徹底解説!話題のサプリメントマカナなど

妊活におすすめの食事やサプリについて解説しています。女性ホルモンを増やす食品や葉酸、野菜、ランチ、豆乳、ビタミン、マカナなど

【冷やすなキケン!】妊活時は食事で冷えを改善しよう

time 2017/12/16

【冷やすなキケン!】妊活時は食事で冷えを改善しよう

・妊活時に冷えが与える悪影響について

妊活中は身体を冷やさないようにすることが大切だということはよく聞く話だと思います。

身体を冷やしてしまうと身体に様々な悪影響が生じて妊娠率の低下に繋がってしまうのは間違いありません。

例えば、身体が冷えてしまうと血液の流れが悪くなってしまいます。血液の流れが悪くなると栄養が行き届きにくくなり、子宮内膜にもじゅうぶんな栄養が届きにくくなってしまいます。

妊娠しやすくするために子宮内膜を厚くする必要があるのですが、そのための栄養がきちんと届かなくなってしまうとじゅうぶんな厚みをつくることができずに妊娠率が低下してしまいます。

また、冷えによって卵子の質も低下してしまい、妊娠率の低下につながります。身体が冷えてしまうと身体全体の臓器が冷えて機能が低下してしまうのですが、なかでも卵巣や子宮の臓器は冷えやすいのです。冷えで身体に血の巡りが悪くなると、心臓など生命維持に必要な臓器から優先して血液が送られて子宮や卵巣などは後回しになってしまうからです。

 

・食事で身体をあたためよう

このように冷えは妊娠率の低下につながるので身体を冷やさないように気を付けなければいけません。

食事によっても身体を冷やしてしまったり、温めることができたりするので、日々の食事を見直してみましょう。

身体を温める食事というのは熱い料理を食べるということではなく、身体を温める働きをもっている食材を使った食事を摂るということです。

身体を温める食材、冷やす食材は食材の色や原産地である程度判断することができます。

例えば黒ごま、黒豆、海藻類などの黒い食材は身体をあたためる食材になりますし、豆腐、牛乳、などの白い食材には身体を冷やす食材が多くなります。

また原産地が北方産の食材は身体をあたためる食材が多く、南方産は身体を冷やす食材が多くなります。

こういった特徴を知っておくと、一つ一つの食材が身体を温める食材なのかを知らなくてもある程度判断できるようになるので、知っておくと便利だと思います。

このように妊活の人には身体を温める食材を積極的に食事にとり入れることがおすすめになりますが、身体を冷やす食材を全く食べないようにした方がいいというわけではありません。

身体を冷やす食材のなかにも妊活の人におすすめの栄養素が含まれている食材はたくさんあるので、身体を温める食材とのバランスを考えて妊活に良い食材はしっかりと食べていきましょう。

 

食事だけで妊活に必要な葉酸はとれる?

 

 

妊活中 時間 食事

妊活中 食事 ビタミン

妊活時 卵胞期 食事

妊活時 食事 パン