妊活におすすめの食事を徹底解説!話題のサプリメントマカナなど

妊活におすすめの食事やサプリについて解説しています。女性ホルモンを増やす食品や葉酸、野菜、ランチ、豆乳、ビタミン、マカナなど

妊活する人が知っておくべき卵巣と食事の関係

time 2017/12/18

妊活する人が知っておくべき卵巣と食事の関係

・卵巣年齢とは?

あなたは卵巣年齢というものを聞いたことがありますが?近年、メディアで紹介されるようになったので、妊活中の人は聞いたことがあるという人もいると思います。

卵巣年齢というのは、卵巣のなかに妊娠することができる卵子がどれくらい残っているかを検査して卵巣年齢として数値化しているもので、卵巣年齢が若いほど妊娠力が高いということになります。

卵子の数というのは生まれた時に決まっていて後は年齢を重ねていくにしたがって減っていく一方です。なので、加齢と共に卵子が減少するのは仕方がないのですが問題となるのが減っていく速度です。

人によっては減少する速度が一般の人よりも速くなってしまっていてまだ20代なのに卵巣年齢が40歳だったという人も珍しくありません。

減少する速度が速くなり実年齢よりも卵巣年齢が高くなってしまう原因はいろいろ考えられます。タバコやアルコール、ストレスを溜めることなども原因となりうるものなので、飲酒、喫煙をしているという人は、少なくとも妊活時は控えた方が良いですし、ストレスを溜めないような環境づくりも必要になってきます。

 

・食事と卵巣の関係について

卵巣年齢が上がってしまう原因が食事にあるケースも考えられます。

添加物が含まれている食事をたくさん摂りすぎたり、血糖値を急激に上げるような食事を摂ってしまっている人はその食生活が原因で卵巣年齢が上がっている可能性がじゅうぶんに考えられます。

食事はコンビニの弁当やおにぎり、パンですませることが多いという人や忙しくて外食ばかりになってしまっているという人などは食生活を見直してみるべきかもしれませんね。

 

・ビタミンDを多く含む食材を食べよう

卵巣年齢が高くならないために食事改善を行うのであれば、ビタミンDを摂取することを意識することがおすすめになります。

ビタミンDが不足してしまうと、卵巣年齢が上がってしまうということが分かっているので、ビタミンDをたくさん含んだ食事を摂ることがおすすめです。(ちなみにビタミンDは1日に5.5ug摂るべきと言われています)

ビタミンDがたくさん含まれている食材は鮭、サンマ、カレイ、ブリ、アンコウ肝など魚に多く、干ししいたけやキクラゲなどにも多く含まれています。

またビタミンDは日光を浴びることでも体内で生成されるのですが、紫外線対策で日光を完全にシャットアウトしている女性も多いと思います。そういう女性は短時間日光浴をしたり、意識してビタミンDを多く含んだ食事を摂るようにした方がいいでしょう。

 

妊活時に食事で野菜を摂れない人におすすめのサプリメントを紹介

 

 

妊活中 時間 食事

妊活中 食事 ビタミン

妊活時 卵胞期 食事

妊活時 食事 パン